当社はプライバシーポリシーを改定しました。改定後のプライバシーポリシーは2020年9月30日に発効しました。

Legal

MoPub SDKライセンス契約書

本MoPub SDKライセンス契約(以下「本契約」といいます。)は、貴社および貴社が代表権を有する会社または事業体(以下、総称して「貴社」といいます。)、ならびにMoPub、 Inc. の承継人であるTwitter Inc.およびTwitter International Companyを含むその関係会社(以下、総称して「MoPub」といいます。)との間で、MoPubソフトウェア開発キット(Android版、iOS版およびUnity版を含みます。)ならびに関連するあらゆる文書(MoPubが随時更新する/resources/docs/上の文書(以下「本ドキュメンテーション」といいます。)、コード(サンプルコードを含みます。)、ツールおよびAPIを含み、また、MoPubが貴社にライセンスを付与するあらゆるアップグレード、修正、更新、追加、複製したバージョンを含みます。)(以下、総称して「SDK」といいます。)の全部または一部のアクセスまたは使用について規定するものです。SDKをダウンロード、アクセスまたは使用することにより、貴社は、本契約の規定に同意するものとします。貴社が事業体に代わってSDKを使用している場合、貴社が当該事業体を本契約に拘束する完全な法律上の権限を有していること、および本契約を受諾するかSDKをダウンロード、アクセスまたは使用することによって、当該事業体に代わってSDKを使用していることを表明および保証し、本契約における貴社に関するあらゆる言及は、当該事業体への言及を意味するものとします。貴社が本契約のすべての条項に同意しない場合、SDKをダウンロード、アクセスもしくは使用してはならず、また、あらゆるMoPubサービス(以下に定義されます。)にもアクセスもしくは使用してはなりません。

1. ライセンス.

貴社が本契約を遵守することを条件として、MoPubは、MoPubマーケットプレイスのサービスおよびMoPub広告サービスプログラム(以下、総称して「本サービス」といいます。)を使用する目的に限り、ならびにこれらに規定される方法およびwww.mopub.com/legal/に定められるMoPubポリシーに従ってのみ、SDKを使用するライセンスを、限定的、世界的、個人的、サブライセンス不可、譲渡不可、ロイヤリティフリー、完全に取り消し可能、非独占的なものとして貴社に付与するものとします。

2. 制限

MoPubにより明示的に許諾される場合を除き、貴社は、直接的または間接的に(i)SDKを第三者に配布、販売、サブライセンス、レンタル、貸与、リース、もしくは譲渡しないものとし、(ii)SDKを使用し、その他のサプライ・サイド・プラットフォームまたはSDKを使用する第三者の広告サーバに接続することを含め、本サービスまたはMoPubと競合する製品もしくはサービスを作成しもしくはこれらの作成を促進するためにSDKを使用しないものとし、または(iii)SDKの機能またはアクセス料金を制限し、妨害し、回避し、侵害し、もしくはこれらに影響を及ぼすような他のソフトウェアとSDKを組み合わせないものとします(かかる行為をサポートし、または第三者に行わせないことも含みます。)。さらに、MoPub、編集された形式のSDKを使用可能にした上で、貴社がこれを使用する場合、貴社は、SDK(ランタイム・コンポーネントおよびその他の部分を含みます。)のコピー(バックアップの目的を除きます。)、逆コンパイル、逆アセンブル、翻訳、リバースエンジニアリング、修正、翻案または派生物の作成をしてはなりません。

3. デバイスデータ

貴社がパブリッシャーである場合、貴社は、SDKおよび本サービスにアクセスし、または使用することにより、貴社がMoPubと情報を交換することが可能になり、貴社の本サービスの使用に関する情報および貴社のエンドユーザーに関する情報(エンドユーザーのデバイス情報、エンドユーザーの閲覧行動、ならびにhttps://www.mopub.com/legal/supply-side-policyに定められるパブリッシャーパートナー向けMob Pubポリシーおよびhttps://www.mopub.com/legal/privacyに定められるMoPubプライバシーポリシーにおいてより完全な形で規定されるその他の情報を含みます(以下「デバイスデータ」といいます。))をMoPubが収集または受領できることに同意することになることを確認し、同意するものとします。さらに貴社は、本サービスおよびSDKの使用に関連して、MoPubが、直接または間接に貴社から収集する情報(デバイスデータを含みます。)を、本サービスの履行および改善のために、サービスを提供する第三者と交換することができることに同意するものとします。SDKを使用しアクセスすることにより、貴社は、あらゆる適用法令、規則および規制を遵守することに同意するとともに、これらを遵守するものとします。本サービスを介してMoPubおよび第三者とデバイスデータを収集および共有する範囲(例えば、デバイス識別子、IPアドレスおよび位置情報を含みます。)に関して、貴社は、エンドユーザーに通知し、必要に応じて、当該エンドユーザーから同意を取得しなければなりません。本契約に明示的に記載される場合を除き、また、MoPubとの間で、EU、EFTA、または英国に所在するエンドユーザー(以下「EUエンドユーザー」といいます。)からの同意取得に特化した、別途の書面による合意をしている場合を除き、貴社は、EUエンドユーザーにパーソナライズされた広告を配信するために、MoPub SDKの同意ソリューションを提示し、これを通じて同意を取得しなければなりません。貴社は、MoPub SDKの同意ソリューションを変更もしくは修正してはならず、またはEUエンドユーザーに代わって不正に同意を取得しようと試みてはなりません。また、貴社は、米国ならびに当社、当社のサービスプロバイダおよびMoPubパートナー(MoPubプライバシーポリシーに定義されます。)がサービス提供を行うその他の国におけるユーザーの情報の譲渡、保管、および利用について、当該ユーザーに明示的に通知を行い、当該ユーザーの同意を取得するものとし、さらに、これらの国のプライバシーおよびデータ保護法が当該ユーザーの居住国の法律と異なる可能性があることを、当該ユーザーに通知するものとします。MoPubは、パーソナライズされた広告を配信するために個人データを処理する根拠として、正当な利益に依拠しません。ただし、パブリッシャーおよび提携広告メディエーションパートナー(以下に定義されます。)は、別途の書面合意により、パーソナライズされた広告を配信するために、個人データを処理するための法律上の根拠として、正当な利益に依拠することを相互に決定することができます。貴社が、パブリッシャーとして、パーソナライズされた広告を配信するために、個人データを取り扱う法律上の根拠として正当な利益に依拠することを選択する場合、貴社は、(i)かかる行為を行うことを明示的に許可する提携広告メディエーションパートナーとの間で、別途の書面による合意をしなければならず、(ii)パーソナライズされた広告を配信するために、貴社が正当な利益に依拠することにつき、ユーザーに明示的に通知を行うものとし、(iii)パーソナライズされた広告を配信するために個人データを処理することに対して、ユーザーが同意を積極的に与えるか、同意を拒否し、または撤回した場合、正当な利益に依拠しないものとします。

貴社が、ネットワークトラフィックを仲介するためにMoPub SDKを使用する広告ネットワークである場合、SDKおよび本サービスにアクセスし、または使用することによって、MoPubにより随時更新される適用可能なMoPubポリシー(現在はhttps://www.mopub.com/legalに記載されています。)(広告主パートナー向けMoPubポリシ-(https://www.mopub.com/legal/demand-side-policyに記載されています。)を含みます。)、ならびにすべての適用法令、規則および規制を遵守することを確認し、これに同意します。さらに、貴社が、MoPub SDKの同意ソリューションに依拠する権限をMoPubにより付与された提携広告メディエーションパートナー(以下「提携広告メディエーションパートナー」といいます。)である場合、貴社はMoPub SDKの同意ソリューションをサポートするために、貴社のメディエーションアダプター、ソフトウェア開発キット、およびその他必要なコードまたはAPIをMoPubの本ドキュメンテーションに従って更新し、EUエンドユーザーの同意選択を尊重できるようにすることに同意します。個人データの処理に関して、他の法律上の根拠を有していない限り、貴社が、EUエンドユーザー(またはパブリッシャーが同意を取得することを決定したその他のエンドユーザー)からの個人データを同意なく処理しないこと、または同意によって認められた目的を超えて、当該エンドユーザーからの個人データを取り扱わないことに同意します。MoPubは、パーソナライズされた広告を配信するために個人データを処理する根拠として、正当な利益に依拠しません。ただし、パブリッシャーおよび提携広告メディエーションパートナーは、パーソナライズされた広告を配信するために個人データを処理する法律上の根拠として、別途の書面による合意により、正当な利益に依拠することを相互に決定することができます。貴社が、提携広告メディエーションパートナーとして、パーソナライズされた広告を配信するために個人データを処理する法律上の根拠として、正当な利益に依拠することを選択する場合、貴社は、(i)かかる行為を行うことを明示的に許可するパブリッシャーとの別途の書面による合意をしなければならず、(ii)パーソナライズされた広告を配信するために貴社が正当な利益に依拠することにつき、ユーザーに明示的に通知を行うものとし、(iii)パーソナライズされた広告を配信するために個人データを処理することに対してユーザーが積極的に同意を与えるか、同意を拒否し、または撤回した場合、正当な利益に依拠しないものとします。

4. インプレッションレベルレポーティング

MoPubは、インプレッションレベルデータ(SDKを通じて提供され、広告需要のソースからの広告インプレッションに関連する推定収益、広告掲載、需要のソース、通貨、国別情報およびその他の広告レスポンスデータを含みます。)を、本サービスおよびSDKに関連して、MoPubが承認したパブリッシャーに提供することがあります(以下「インプレッションレベルレポーティング」といいます。)。貴社がインプレッションレベルレポーティングを受け取ることを、MoPubがその独自の裁量により承認する場合、MoPubは、本サービスの一部として、かつ貴社によるSDKの使用に関連して、本レポーティング機能へのアクセスを可能にします。

SDKを統合し、インプレッションレベルレポーティング機能を有効にすることにより、貴社は、本契約の条項、MoPubポリシー、ならびに適用法令、規則および規制(適用可能なプライバシーおよびデータ保護法を含みます。)に基づき、貴社の社内業務のためにのみ本サービスに関連して、インプレッションレベルレポーティングデータにアクセスし、これを利用することを確認し、同意するものとします。さらに貴社は、以下の行為を行わず、また、第三者に行わせないことに同意するものとします。(i)本サービスの抜け道を探し、もしくは本サービスに競合する目的で、インプレッションレベルレポーティングデータ(広告やインプレッションの価値を含みます。)を傍受し、もしくは取得すること、(ii)直接的または間接的にインプレッションレベルの収益データを利用して、動的に、プログラムにより、またはその他の方法により、当該インプレッションをMoPubに計上するかどうかを選択する目的で、インプレッションが付与される前に、インプレッションレベルの収益データを傍受し、もしくは取得すること(広告またはインプレッションの価値を決定することを含みます。)、(iii)本契約において明示的に認められていない目的で、インプレッションレベルレポーティングのデータにアクセスし、もしくは利用すること、(iv)SDKを通じて提供されたデータフィールドを超えたあらゆる情報(MoPubの秘密情報、価格情報、およびインプレッションレベルレポーティングにバイネームで含まれていないMoPubパートナーの識別情報を含みます。)を取得、決定もしくは推測するために、インプレッションレベルレポーティングデータをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、三角分割もしくは修正せず、また、(v)あらゆるインプレッションレベルレポーティングデータを、法的な同意なく、あるいはエンドユーザーの同意により認められた目的を超えて、個人データと結合し、混合し、相互に関連付け、関係付け、もしくは統合すること。

MoPubは、インプレッションレベルレポーティングの正確性、提供および完全性、またはかかる報告の性能もしくは成果に関して、いかなる保証もしません。貴社は、本サービス、貴社のアプリケーションまたはその他の第三者サービスに関連するか否かにかかわらず、貴社によるインプレッションレベルレポーティングの使用に起因するいかなる損害または損失に対してもMoPubが責任を負わないことにつき、同意するものとします。さらに、貴社がインプレッションレベルレポーティング機能にアクセスすることを選択した場合、本ドキュメンテーションに従って、貴社のSDKを統合、管理、および更新することに同意します。MoPubは、その独自の裁量により、事前の通知なしに、貴社のインプレッションレベルレポーティングへのアクセスを一時的または永久的に、修正、停止または中止する権利を留保し、MoPubは、当該修正、停止または中止に関連するいかなる損害または損失に対しても責任を負いません。

貴社が広告ネットワークである場合、インプレッションレベルレポーティングデータをMoPubと交換し、MoPubは、本サービスに関連して当該レポーティングをパブリッシャーおよびパートナーに対して自由に提供することができることを確認し、同意するものとします。貴社は、MoPubがインプレッションレベルレポーティングを交換または開示すること(パブリッシャーまたは第三者への報告におけるあらゆる矛盾または不正確性も含みます。)に関連するいかなる損害または損失に対しても責任を負わないことに同意します。

5. 権利の帰属

両当事者間において、SDKおよびそのコピーまたはその一部に係る、権原、所有権およびあらゆる知的財産権は、MoPubおよびMoPubのサプライヤーまたはライセンサーに帰属するものとします。貴社は、本契約に基づき付与された貴社の権利または義務を、MoPubの事前の書面による同意なく、いかなる第三者に対しても譲渡または移転してはなりません。MoPubは、SDKに関連して貴社から提供されたコメント、フィードバック、提案およびその他の情報(もしあれば)を収集し利用することができ、MoPubは、これらの情報を、貴社に対する義務を負うことなく、アプリケーション、サービスおよび技術の改良、開発およびその他提供のために利用することができるものとします。MoPubは、いつでもSDKの提供を変更または中止することができるものとします。SDKは、米国の著作権法および国際的な著作権条約によって保護されるものとします。本契約のいかなる規定も、貴社がMoPubおよびその関係会社の商号、商標、サービスマーク、ロゴ、その他の特徴的なブランド表象およびその他の知的財産を使用する権利を付与するものではありません。MoPubは、上記で明示的に許諾されていないSDKについてのすべての権利を留保するものとします。

6. 第三者のソフトウェアおよびサービス

SDKは、Integral Ad Science、 Inc.(以下「IAS」といいます。)およびMoat、 Inc.(以下「Moat」といいます。)により、本サービスの参加者(貴社、広告主、エージェンシー、広告ネットワークおよびデマンド・サイド・プラットフォームを含みます。)が使用できるようになった第三者のサービスをサポートするために、ISAおよびMoatによって提供される第三者ソフトウェア(以下「第三者ソフトウェア」といいます。)を組み込むことができるものとします。当社の本ドキュメンテーションに記載されているオプトアウト手順に従って、IASおよび/またはMoatのソフトウェアを無効にし、または削除することができます。第三者ソフトウェアを無効にし、または削除することなく、第三者ソフトウェアを含むSDKのバージョンを統合することにより、貴社は、IASのプライバシーポリシー(現在はhttps://integralads.com/privacy-policy/に記載されています。)およびIASのSDKライセンス契約(現在はhttps://integralads.com/sdk-license-agreementに記載されています。)、ならびにMoatのプライバシーポリシー(現在はhttps://www.oracle.com/legal/privacy/privacy-policy.htmlに記載されています。)、Moatのサービス利用規約(現在はhttps://www.oracle.com/legal/terms.htmlに記載されています。)およびMoatのSDKライセンス契約(現在はhttps://www.oracle.com/downloads/licenses/standard-license.html に記載されています。)(それぞれIASおよびMoatにより随時更新されます。)が、貴社によるソフトウェアの統合および使用に適用されることを確認し、同意するものとします。

MoPub SDK(バージョン5.14.0以降)には、IAB Open Measurement SDK(以下「OM SDK」といいます。)が含まれており、これにより、第三者広告測定プロバイダは、業界標準の広告測定を行うために広告のインプレッションとパフォーマンスに関するシグナルを収集することができます。OM SDKはまた、ブランドのセーフティや不正検出などの機能を促進します。貴社は、IAB Open Measurement SDKライセンス契約(これはSDKパッケージに含まれます。)およびIABのプライバシーポリシー(現在はhttps://iabtechlab.com/privacy-policy/に記載されています。)が、貴社によるOM SDKソフトウェアの使用に適用されることを確認し、同意するものとします。OM SDKならびにOM SDKによって表面化された情報の収集、処理、分析および報告は、広告制作物に含まれているそれぞれのJavaScriptタグを使用する第三者測定プロバイダが責任を負います。

7. アップデートおよびサポート

MoPubがSDKのアップグレード、パッチ、拡張または修正(以下、総称して「アップデート」といいます。)を提供する場合、当該アップデートはSDKの一部となり、本契約の適用を受けるものとします。MoPubは、貴社に対し、SDKに関するアップデートまたはその他のいかなるサポートも提供する義務を負いません。MoPubは、かかるサポートサービスを、別途の契約に基づき、および/または有償で、提供することもできます。MoPubは、事前の通知なく、独自の裁量により、SDKおよびSDK内の機能、またはSDKのサポートの提供を永久的または一時的に中止することができます。

8. 保証および免責条項 補償

MoPubはSDKを「現状有姿のまま」提供し、いかなる保証も行いません。MoPubは本契約において、商品性、特定の目的への適合性、性能、正確性、責任、利用可能性、互換性および非侵害の保証を含む、明示または黙示のいかなる保証も行いません。貴社によるSDKの使用、およびSDKの使用を通じてダウンロードまたはその他により取得されるあらゆるデータ(インプレッションデータを含みます。)または資料の使用は、貴社の裁量および責任のもとで行われ、貴社の当該使用に直接または間接に起因するコンピュータシステムまたはその他のデバイスに対する損害、またはデータの紛失、利益もしくは収益の逸失について単独で責任を負います。貴社は、MoPub、そのライセンサー、独立請負業者およびサプライヤー、ならびにその代理人、取締役、役員および従業員を、貴社によるSDKの使用、インプレッションデータの利用、または本契約の違反に起因し、関連し、または起因するおそれのあるあらゆる第三者からの請求、要求、損害、損失、責任、費用および経費(弁護士費用も含みます。)を、補償し、これらから防御し、免責することに同意するものとします。

9. 責任の制限

いかなる状況においても(また、いかなる法的理論、不法行為、契約、厳格責任その他の場合においても)、MoPub、その関係会社、ライセンサーまたサプライヤーは、いかなる特性の直接的、間接的、特別、偶発的、または派生的損害(代替技術の費用、逸失利益による損害、信用喪失、業務停止、結果の正確性、データの紛失、コンピュータの不具合もしくは誤作動、またはインプレッションデータの利用に起因もしくは関連する損害を含みます。)について、たとえ予見可能であっても、貴社またはその他の者に対して責任を負わないものとします。本契約のいかなる規定も、(a)当該当事者の過失に起因する死亡もしくは傷害、(b)不法行為(詐欺的な不当表示を含みます。)、または(c)その他の法的に免除または制限されないような責任について、いずれの当事者の責任も免除または制限するものではありません。

10. 契約の終了

貴社は、SDKの利用を中止し、すべてのハードドライブ、ネットワークおよびその他の記憶媒体からSDKおよびインプレッションデータのあらゆるコピーを破棄または削除することにより、本契約および本契約において付与されるライセンスをいつでも終了させることができます。貴社が本契約条項に違反した場合には、MoPubは、本契約および本契約において付与されたライセンスを終了させることができ、貴社によるMoPubサービスの利用およびアクセスを直ちに無効にすることができます。第2条から第11条までの規定は、本契約の終了後も存続するものとします。

11. 輸出管理規制

貴社は、適用可能な輸出管理法令、規制および規則により禁止される方法で、SDKを米国外で配布または輸出してはなりません。貴社は、(i)貴社が、米国が商品もしくはサービスを禁輸している国に所在しておらず、もしくはその管理下にないこと、またはその国の国民もしくは居住者ではないこと、(ii)OFAC(米国財務省外国資産管理局)によって「特別指定国民(SDN)」として指定されていないこと、(iii)米国商務省の取引禁止顧客リスト(DPL)に掲載されていないこと、および(iv)貴社の国の適用法令により本契約に従って本プログラムにアクセスまたは使用することが禁じられている場合、本プログラムにアクセスまたは使用しないことを表明および保証します。

12. 雑則

MoPubは、本契約の条件、またはSDKおよび本サービスに適用される追加条件を随時変更することができ、貴社は、本契約を定期的に閲覧し、最新版を確認する責任を負います。貴社は、本契約のいかなる部分も第三者に譲渡または移転してはならないものとします。本契約は、両当事者間のライセンスに関する完全な合意を意味し、両当事者間の従前のいかなる合意および表明に対して優先します。本契約のいずれかの条項が何らかの理由で執行不能と判定された場合であっても、当該条項は、執行可能とするために必要な範囲においてのみ、修正されるものとします。本契約と、貴社によるSDKの利用に適用されるその他の契約との間で、文言の抵触が生じた場合は、本契約の条項に従うものとします。本契約において用いられる「含みます」という文言は、「含みますが、これに限られるものではありません」との意味を有します。本契約は、法の抵触原則に関係なく、カリフォルニア州の法律に準拠し、これに基づき解釈されるものとします。両当事者は、カリフォルニア州サンフランシスコ郡の連邦裁判所および州裁判所を、本契約に基づく専属的管轄裁判所とすることに合意し、また、両当事者は、本契約に基づき当該裁判管轄権に専属的に服することに合意します。

発効日:2020年9月22日